HIV母子感染予防にかかる運営能力強化プロジェクト

(The Project for Strengthening Operational Capacity of Prevention of Mother-to-Child Transmission of HIV(PMTCT))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年4月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ガーナでは5歳未満児のHIV感染の原因である母親からの垂直感染の削減を目指し、HIV母子感染予防サービスに力を入れています。しかし啓発教材の不足や、品質維持のためのマニュアルの不在、監督体制の不備のため、充分な成果を上げられていませんでした。この協力では、首都アクラのあるグレーター・アクラ州を対象に、医療機関によるHIV母子感染予防サービス提供体制の強化を支援しました。これにより、同国におけるHIV母子感染予防サービスの質の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報