持続的稲作開発プロジェクト

(Sustainable Rice Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シエラレオネ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年10月〜2014年9月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

アフリカ有数の米消費国であるシエラレオネ。しかし内戦により農地は荒廃し、国内の米生産量は大きく減少しました。日本は先行プロジェクトにおいて、陸稲直播と水稲移植に大別して、圃場整備、播種、肥培管理、収穫後処理などについて体系的に取りまとめた稲作技術パッケージの作成を支援しました。この協力では、稲作技術の改良を担当するロクープル農業研究所における稲作技術パッケージの改善とカンビア県の農家に対する普及体制の整備を支援しました。これにより、同国全土への改良稲作技術パッケージの普及に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報