セナ回廊開発計画調査プロジェクト

(Project for the Study on Development of the Sena Corridor)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年10月〜2012年3月
事業
技術協力
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

セナ回廊は、マラウイからモザンビークのベイラ港、チンデ港へ至る国際回廊で、かつては道路・鉄道・水運が整備されており、マラウイから外港へ至る主要な経路でした。しかし、モザンビーク内戦(1977〜1992年)以降、運行が不可能となり、国際回廊としての機能が衰退しました。また、1997年に発生した洪水により、同回廊上の道路、鉄道軌道が押し流されました。この協力では、セナ回廊の交通開発計画を作成しました。これにより、セナ回廊の陸上交通インフラが復旧されることで、マラウイと周辺地域の経済開発、貧困削減に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子