シンド州畜産(肉・酪農)開発マスタープラン策定プロジェクト

Project for The Master Plan Study on Livestock and Dairy Development in Sindh Province

終了案件

国名
パキスタン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2010年7月〜2013年3月

プロジェクト紹介

畜産は、パキスタンの小規模農家や土地無し農民にとって、貴重な資産であるとともに、動物性タンパク質の補給源や現金収入源となっています。シンド州は、貧困が深刻で都市農村間の格差が大きいため、畜産による産業振興と経済成長が必要でした。この協力では、同州の畜産セクター全体の開発戦略と、中小規模農家を中心とする具体的な政策、実施体制、アクションプランなどを含む畜産開発計画(マスタープラン)の策定を支援しました。これにより、畜産振興を通じた地域開発と貧困削減のバランスの取れた開発の促進に寄与しました。

協力地域地図

シンド州畜産(肉・酪農)開発マスタープラン策定プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 家畜市場調査(タンド・モハメド・ハーン県) 

  • ラクダ市場:ラクダの値段は年々上昇している 

  • 農家への聞き取り調査(タルパルカル県) 

  • 州内9農家を対象に行った定点観測調査:牛の胸囲を計測中 

  • カラチ市内での牛乳集荷 

  • カウンターパートであるシンド州畜産・漁業局職員とのワークショップ 

  • 住民へのインタビュー(バディン県) 

  • 住民へのインタビュー 

  • 農民とのPRA調査(ジャムショロ県) 

  • 週一度開かれる家畜市場(タルパルカル県) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。