港湾マスタープランプロジェクト

The Study of Master Plan for Port Sector in the Republic of Burundi

国名
ブルンジ
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2011年6月〜2012年5月

プロジェクト紹介

内陸国であるブルンジでは、2010年時点で全輸送物資の約75パーセントがタンガニーカ湖ブジュンブラ港を経由しています。しかしながら、ブジュンブラ港の整備状況は十分とは言えず、総合的輸送サービスの脆弱性が原因となり、期待された機能を十分果たしていないのが現状でした。また、同国第二の港とされているルモンゲ港には、港湾施設と呼べるインフラは存在していませんでした。この協力では、安定的な湖上輸送を図るために、同国における港湾機能を強化し、経済活動の活性化を図るための提言を含む港湾施設整備に関するマスタープランを策定しました。

協力地域地図

港湾マスタープランプロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 一般貨物岸壁。4基の大型クレーンが備わっているが、このうち1基は老朽化により、使用不可になっている。 

  • コンテナ岸壁。 

  • 石油岸壁。 

  • 旅客桟橋。客船は不定期に運航されている。 

  • シップヤード。小規模ではあるが、船舶の修理が可能。 

  • 陸揚げされた貨物はトラックで輸送されるため、過積載がないか確認する。 

  • メンテナンス作業場。小型クレーン(フォークリフトなど)のメンテナンスを行っている。 

  • 岸壁背後での荷役作業。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。