ティラベリ州ギニアウォーム撲滅対策飲料水供給計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ニジェール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2009年6月
事業
無償資金協力
供与額
7.3億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

アフリカの西部・中央部を中心に生息するギニアウォーム。ギニアウォームはひも状の寄生虫で、その卵を食したケンミジンコが、飲み水とともに体内に入り孵化すると、ときには90センチメートル以上に成長し、皮膚を突き破って外に出てきます。水道や深井戸を利用することが出来ずに飲み水をため池などの不衛生な水に頼る貧困層の人々が感染することが多く、ニジェール政府の努力にもかかわらず、給水率が低く衛生環境が劣悪なティラベリ州ではいまだ撲滅には至っていません。日本は、同州内のティラベリ県に23箇所、テラ県に97箇所の深井戸給水施設を建設し、また給水施設の維持管理組織を整備して村民啓発活動の実施と建設された給水施設の持続的運用の管理を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報