ダルハン市給水施設改善計画

The Project for Improvement of Water Supply Facilities in Darkhan City

終了案件

国名
モンゴル
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2009年7月
供与額
9.4億円

プロジェクト紹介

モンゴルのダルハン市は、今後、ウランバートルに次ぐ工業都市としての成長が期待されています。製鉄所の拡張、石油精製プラントなどの建設や多くの中小工場の進出が予定され、人口も増加していました。しかし、旧ソ連時代に建設された同市の給水システムは、旧ソ連崩壊後に資機材の供給と技術指導が途絶え、施設の老朽化が著しく生産水量も年々減少していました。この協力では、今後の都市開発に対応できる給水施設を整備するため、同市の基幹給水施設の更新・改修・建設、維持管理機材の調達、維持管理技術の指導を行いました。

協力地域地図

ダルハン市給水施設改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 第1ステーションポンプ場外観。写真は1965年に建設された旧型で右の写真のようにポンプ室は地上階に設置されている。扉は一重で外気の侵入による室温の低下が問題である。また、明り取りもないため昼間でも照明が必要である。 

  • 第1ステーションポンプ場内部。ポンプ機器はかなり老朽化しており、配管も含め更新する必要がある。また、左側の壁には暖房機が設置されているが、非常に効率が悪く電気代増加の要因の一つとなっている。 

  • 第1ステーションポンプ場外観。1985年頃に建設された新型であるが、建屋手前のトランス等の電気設備は破損しており機能していない。 

  • 第1ステーションポンプ場内部。ポンプ室は地下階に設置されており、配管も含めかなり老朽化している。また、左側の壁の暖房機も効率が悪く、電気代増加の一要因となる上故障も多い。 

  • 厳冬期のハラー川。完全に凍結している。 

  • 現地調査/水位測定(ナンバー8号井) 

  • 現地調査/砂流出量の計量(ナンバー12号井) 

  • 測量調査/ナンバー2ステーション地形測量 

  • ダルハン市上下水道公社との協議風景 

  • ミニッツ調印式 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。