サイクロン「ナルギス」被災地小学校兼サイクロンシェルター建設計画

(The Project for Construction of Primary School -cum- Cyclone Shelter in the Area Affected by Cyclone “Nargis”)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
事業
無償資金協力
供与額
5.81億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

2008年5月、大型サイクロン「ナルギス」の襲来で、死者・行方不明者約14万人、総額約40億ドルの被害を受けたミャンマー。被災地では約4,000校の小学校を含む多くの建物が崩壊し、同国政府は国際機関などの支援を得つつ復旧を進めていましたが、災害時の避難機能を持つ学校は15校に過ぎず、今後の被災が大いに懸念されていました。この協力では、全647校のうち517校が全壊、残り130校も大きな被害を受けたエーヤワディ管区のラブタとボガレ地区で、災害時の避難機能を持つ小学校20校の建設を支援しました。これにより、同地域の教育環境の改善とともに、周辺住民のサイクロン被災のリスクの軽減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報