公共輸送改善計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルンジ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2009年9月
事業
無償資金協力
供与額
11.04億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

1993年以降、10年以上にわたる内戦を経験したブルンジ。内戦が終わり人やモノの移動が増加傾向にある近年、鉄道がない同国では、自家用車を持たない一般市民にとって「公共バス」が主要な長距離移動手段です。しかし、民間バスは採算性の高い都市部を結ぶ路線に運行を限っているため、公共交通公社の運行するバスが地方住民の多くにとって貴重な移動手段となっています。この協力では、内戦を経て車両や施設が著しく老朽化し、稼働率が低下している公共交通公のバス運行を改善するため、新規車両や修理機材などの調達を支援しました。これにより、同国内および近隣国への公共交通の輸送力の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報