太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
モンゴル
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
供与額
5.9億円

プロジェクト紹介

近年の経済成長および首都ウランバートル市への一極集中に伴い、電力や熱の需要量が増加しているモンゴル。同国において、再生可能エネルギーは、地方電化や地方電源の安定化、首都における大気汚染の要因の一つである石炭火力発電の代替として期待されています。この協力では、気候変動対策において先進国・途上国双方の取組を促す日本のイニシアティブを示すため、ウランバートル市のチンギスハン国際空港隣接地において、太陽光発電システムの整備を支援しました。これにより、温室効果ガスの削減、再生可能エネルギー利用に関する同国民の意識啓発に寄与しました。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力対象サイトであるチンギスハン国際空港隣接地。太陽光パネル設置前の様子。 

  • 太陽光パネル設置工事中(基礎工事)の様子 

  • 太陽光パネル設置工事中(架台組立)の様子 

  • コントロールハウス建設中の様子 

  • 設置された太陽光パネル 

  • 設置された太陽光パネル 

  • 空港旅客ターミナルビル前に設置されたプロジェクト案内板 

  • 設置された表示装置 

  • 完成したコントロールハウス 

  • 設置されたパワーコンディショナ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。