太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
パキスタン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2010年2月
供与額
4.8億円

プロジェクト紹介

北部山岳地域における氷河の溶解やインダス河の水不足など、地球規模の気候変動に起因すると思われる環境変化が生じているパキスタン。同国最大の産業である農業はインダス河の水に依存しており、気候変動に対して極めて脆弱な状況にあります。また、石油輸入で賄っている火力発電量が電力需要の急激な伸びに追いつかず、夏期には長時間の計画停電が実施されるなど、電力の安定供給も喫緊の課題となっていました。この協力では、イスラマバード市に太陽光発電関連機材の供与と、技術者の育成を支援しました。これにより、同国内の発電能力の向上やエネルギー源の多様化、再生可能エネルギー利用に関する同国民の意識啓発に寄与しました。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 設置サイト(協力実施前撮影、以下写真2〜4まで同様) 

  • 設置サイト 

  • 既存駐車場太陽電池(以下、PV)設置サイト(北端)北側から撮影 

  • 既存油入遮断器(OCB)。撤去し新設配線用遮断器(MCCB)に交換 

  • 架台設置の様子 

  • この協力で森林公園の内部に設置されたPVモジュール全景 

  • 設置完了時の様子 

  • プロジェクト案内板と表示計 

  • 屋外小屋内パワーコンディショナー(発電された電気を家庭などの環境で使用できるように変換する機器) 

  • 引渡式典の様子。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。