太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

(Project for Clean Energy promotion using Solar Photovoltaic in Burundi)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブルンジ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年1月
事業
無償資金協力
供与額
5.4億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ブルンジは、その電力供給を水力発電に依存しており、長年続いた内戦の影響による設備劣化などのため、電化率は2パーセント以下と極めて低い状況でした。水力発電を補完するため、太陽光を活用したクリーンエネルギーの普及が急務となっていました。この協力では、首都ブジュンブラ市内にある同国の中枢病院であるカメンゲ大学病院において、太陽光発電装置の整備を支援しました。これにより、二酸化炭素の排出量が削減されるとともに、同国が今後太陽光発電施設普及に取り組んでいくために必要な基盤を築くことに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報