太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
ベリーズ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
供与額
5.1億円

プロジェクト紹介

メキシコに隣接し、カリブ海に面するベリーズ。電力供給の約50パーセントをメキシコからの輸入に依存しています。また、安定的な電力供給のためにエネルギー源の多様化が必要で、太陽光などのクリーンエネルギーの導入を計画していました。この協力では、過負荷な状態となっている昼間の電力ピーク需要に対応するため、首都ベルモパンのベリーズ大学において太陽光発電設備の設置を支援しました。これにより、電力供給源の多様化を図り、化石燃料(ディーゼル発電)による電力発電量と地球温暖化ガスの排出量の削減に寄与します。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ベリーズ大学構内の太陽光発電設備設置予定地(協力実施前撮影) 

  • ベリーズ大学構内の太陽光発電設備設置予定地(協力実施前撮影) 

  • ディスプレイパネル設置予定場所(協力実施前撮影) 

  • この協力で設置された太陽光発電設備全景 

  • この協力で設置された太陽光発電パネル(背面) 

  • この協力で設置された太陽光発電パネル 

  • この協力で設置されたディスプレイパネル(写真3の実施後) 

  • この協力で設置された変圧器 

  • この協力で設置されたパワーコンディショナー(コントロールハウス内) 

  • この協力で設置されたデータ記録装置(コントロールハウス内) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。