太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
パラオ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
供与額
4.8億円

プロジェクト紹介

主要電源をディーゼル発電に頼っており、その燃料(原油)の供給を全て輸入で賄っているパラオ。そのため、太陽光を初めとしたクリーンエネルギーの導入を積極的に図っています。日本は、大洋州地域における気候変動対策支援の一環として、首都マルキョクのあるバベルダオブ島にあるパラオ国際空港に太陽光発電装置を整備するための支援を行いました。本事業の実施により、パラオにおけるディーゼル発電の一部が自然再生可能エネルギーに代替され、温室効果ガスの削減が図られます。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前のパラオ国際空港(コロール) 

  • 協力実施前のパラオ国際空港:太陽光パネル設置予定場所 

  • ロビー全景 

  • 太陽光パネル設置工事中の様子 

  • 【完工時】プロジェクトサイト 

  • 【完工時】太陽電池設置用架台 

  • 【完工時】設置された太陽光パネル 

  • 【完工時】電力発生量表示中の屋内表示パネル。フライトスケジュールも表示される。 

  • 【完工後】本協力で建設した受変電施設 

  • 【引き渡し式】リボンカッティング 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。