太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
ミクロネシア連邦
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2010年2月
供与額
5.3億円

プロジェクト紹介

ミクロネシア連邦は、主要電源をディーゼル発電に頼っており、その燃料(原油)の全てを輸入で賄っています。そのため、太陽光を初めとしたクリーンエネルギーの導入に向けた政策転換を図っています。この協力で日本は、大洋州地域における気候変動対策支援の一環として、首都パリキールにある連邦政府大統領府やミクロネシア大学に太陽光パネルを設置し、集中型発電の整備を支援しました。これにより、ミクロネシア連邦におけるディーゼル発電の一部が自然再生可能エネルギーに代替され、温室効果ガスの削減が期待されます。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前の太陽光パネル設置場所(連邦政府複合施設) 

  • この協力で設置された太陽光パネル(連邦政府複合施設) 

  • 協力実施前の電気室建設場所(連邦政府複合施設) 

  • この協力で建設された電気室(連邦政府複合施設) 

  • この協力で設置されたパワーコンディショナーと連系用変圧器(連邦政府複合施設) 

  • この協力で設置された発電量計測装置(連邦政府複合施設) 

  • 協力実施前の太陽光パネル設置場所(ミクロネシア短期大学) 

  • この協力で設置された太陽光パネル(ミクロネシア短期大学) 

  • この協力で設置された太陽光パネル架台(ミクロネシア短期大学) 

  • プロジェクト銘鈑(ミクロネシア短期大学) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。