アレッポ大学学術交流日本センター日本語学習機材整備計画

(The Project for the Improvement of Japanese Language Learning Equipment of Japan Center for Academic Cooperation at University of Aleppo)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
事業
無償資金協力
供与額
0.24億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

アレッポ大学はシリアの最高学府の一つとして高等教育分野の中心であり、人材育成に大きな役割を果たしています。同大学の学術交流日本センターは1995年に日本研究や日本語教育普及、日本の大学・研究機関との交流を目的として設立されました。本計画は、この学術交流日本センターにおいて、日本語教育の環境改善を目的として日本語学習に必要な機材の整備を支援しました。これにより、日本語教育普及や日本研究振興、人材育成に寄与します。また、同日本センターを通じて日本との交流や対日理解が更に促進されることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報