タンバクンダ州給水施設整備計画

国名
セネガル
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
供与額
13億円

プロジェクト紹介

セネガルでは、生活の基本となる安全な水へのアクセスが限られ、貧困を悪化させる原因にもなっており、給水施設の改善、整備が急務です。日本は、セネガルの地方給水分野に約30年間協力を行ってきました。その結果、多くの女性や子供達が水汲み労働から解放され、衛生的な生活を享受できるようになりました。本協力では、地方村落19か所において、深井戸・高架水槽・公共水栓などの給水施設を改修しました。これにより、地方住民に対し安全な水を供給し、水因性疾病の疾患率の減少だけでなく、女性や子供の水汲み労働の軽減を図ります。

協力地域地図

タンバクンダ州給水施設整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 給水地点から水の運搬(協力準備調査時撮影) 

  • 井戸改修時の給水待ち状況(協力準備調査時撮影) 

  • 井戸ケーシング設置(MAKA) 

  • 高架水槽内部作業(DIAM DIAM) 

  • 高架水槽建設作業(DIAM DIAM) 

  • 完成した高架水槽全景(SINTHIOUMALEME) 

  • 完成した高架水槽全景(GOUDIRY) 

  • 完成した地上型水槽 (GOUDIRY) 

  • 完成した機械室内部(GOUMBAYEL) 

  • 完成した公共水栓(COLIBANTANG) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。