ポドゴリツァ市上水道システム緊急修復計画

The Project for Urgent Rehabilitation of Water Supply System in the Capital City of Podgorica

国名
モンテネグロ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2010年5月
供与額
5.96億円

プロジェクト紹介

モンテネグロの首都のポドゴリツァ市では、上水道関連機材の老朽化や1990年代の紛争期の不十分な維持管理が原因となって故障が頻発、送配水能力が低下しています。そのため、市内各所で断水や漏水などが頻発し、人々の日常生活に大きな支障をきたしていました。日本は、ポドゴリツァ市の給水量の約45パーセントを担うマレザ第2ポンプ場において、ポンプやモータなどの送配水関連機材の更新と、施設稼動・送配水状況のモニタリングシステムの導入を支援しました。これにより、同市における安定的な給水サービスの実現に貢献しました。

事業評価

協力現場の写真

  • Mareza第2ポンプ場:外観 

  • Mareza第2ポンプ場:ODAマーク 

  • Mareza第2ポンプ場:ポンプ 

  • Mareza第2ポンプ場:電動機 

  • Mareza第2ポンプ場:コントロールルーム 

  • モニタリングシステムが導入されたZagoricポンプ場 

  • Zagoricポンプ場に設置されたインターフェイスパネル 

  • モニタリングシステムが導入されたDinosa配水池 

  • Miljesポンプ場に設置されたインターフェイスパネル 

  • Dinosa配水池に設置されたインターフェイスパネル 

関連情報