気象観測・災害対策向上計画

The Programme for Improving the Weather Forecasting System and Meteorological Warning Facilities

国名
サモア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
供与額
7.45億円

プロジェクト紹介

人口の大半が沿岸部に居住し、自然災害への脆弱性が高いサモア。毎年のように発生する洪水災害に加え、過去に幾度となく甚大なサイクロン被害を記録しており、近年、気候変動による自然災害の拡大も予測されます。自然災害による被害の軽減を図るために必要な、早期警報発令を含む精度の高い気象情報を提供するためには、定期的かつ均一な観測データの取得・蓄積が必要です。日本は、気象観測能力の向上、災害への脆弱性の改善を図るため、サモア全土の気象観測及び災害警報体制整備を支援しました。

協力地域地図

気象観測・災害対策向上計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前のサモア気象局本局の既設気候コンサルタント棟 

  • 協力実施前のサモア気象局本局の気象サービス部内部 

  • 協力実施前のファレオロ国際空港の既設航空気象観測所 

  • 協力実施前のファレオロ国際空港の既設航空気象観測所内部 

  • この協力で整備されたウィンドプロファイラシステム(サモア気象局本局) 

  • この協力で整備された機器棟内部(サモア気象局本局) 

  • この協力で整備された気象観測データ通信システム(ファレオロ国際空港) 

  • この協力で整備された日照計(マオタ国際空港) 

  • この協力で整備された潮位計(トギトギガ) 

  • この協力で整備された接続式スチールポールおよびコンクリートシェルター(フィアモエ山) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。