パナマ大学日本語学習機材整備計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
パナマ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
事業
無償資金協力
供与額
0.28億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

1935年に設立されたパナマ大学には、1987年に日本語クラスが開設され、1991年には中央語学センターの中に人文学部一般教養科目の単位取得可能な日本語学科が設置されました。パナマでは、日本食を含む日本文化に対し興味が高く、日本語への関心も高いため、同大学は一般向け日本語講座も開講し、授業では聴力や発話力の能力向上のためLL教室を使用しています。しかし、それら機材の老朽化や記録媒体のデジタル化により、LL教室を使用した授業の継続が困難な状況になっています。 日本は、同大学が必要とする機材の整備を支援して、学習環境の向上に寄与しました。また、これまでも我が国大使館と協力して様々な日本紹介行事を行ってきました同大学日本語学科を通じ、パナマでの日本語教育が一層促進され、両国の文化交流や親日感情醸成が一層促進されることが期待されています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報