太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

(The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
事業
無償資金協力
供与額
7.2億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

カンボジア国内の電力需要は年々急増しており、不足分の電力は近隣国から輸入しています。電力の多くはディーゼル火力発電所に頼っており、再生可能エネルギーは国内発電量のわずか3パーセントに過ぎません。このため、日本は同国の発電能力の向上、エネルギー源の多様化、再生可能エネルギー利用に関するカンボジア国民の意識啓発を図り、その結果、気候変動対策において先進国・途上国双方の取組を促す日本のイニシアティブを示すため、プノンペン市のプンプレック浄水場において、太陽光発電関連機材を調達し、技術者の育成を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報