太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

終了案件

国名
ラオス
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
供与額
4.8億円

プロジェクト紹介

ラオスは2020年時点の国内電化率90パーセント達成を目標としていますが、国土が山岳地域であり、グリッドでの電化を進めるのは困難です。またラオスはほぼ全ての発電が水力発電ですが、乾季には発電量が減少します。そのため、エネルギー源の多様化が求められており、太陽光発電のさらなる普及が望まれています。この協力では、首都ビエンチャンのワッタイ国際空港において、太陽光発電装置を設置するとともに、運転・維持管理のための技術支援を行いました。これにより、同国における初の系統連系型太陽光発電の導入に寄与しました。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ビエンチャンワッタイ国際空港 国際線ターミナルビル正面 

  • 太陽光反射軌跡調査実施:PVモジュール反射光が飛行経路に影響を及ぼさないことを確認 

  • PVモジュール設置予定箇所:空港内の駐車場遠景(写真4の協力実施前) 

  • 国際ターミナルビル3階から駐車場を望む(写真3の協力実施後) 

  • PVモジュール設置予定箇所:空港内の駐車場遠景(写真6の協力実施前) 

  • 地上からターミナル正面(写真5の協力実施後) 

  • PV点字表示パネル設置予定箇所:国際線ターミナルビル3階壁面(写真8の協力実施前) 

  • 表示パネル。太陽光発電設備から発電された電力量などをリアルタイムで表示する表示板。積算(発電)電力量も表示される(写真7の協力実施後) 

  • 接続箱の内部 

  • PVモジュールなど。PVモジュールの容量は合計237.82キロワットで、230ワットピークのPVモジュールが1,034枚設置されている。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。