太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

実施中案件

国名
ジョージア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2010年6月
供与額
4.80億円

プロジェクト紹介

ジョージアにおいては、発電量の8割以上を水力発電が占めていますが、冬の渇水期には電力が不足するため、輸入で賄っています。また、同国ではエネルギー需要が2000年以降平均1.2パーセントで増加しており、今後も同水準で拡大していく予定です。そのため、太陽光発電を含めた再生可能エネルギーの開発は喫緊の課題です。この協力では、トビリシ国際空港、イリア・チャフチャヴァゼ国立大学に太陽光発電システムを設置します。これにより、化石燃料への依存度を低下させ、低炭素社会の実現とエネルギー供給源の多角化を図ります。
※「ジョージア」の国名呼称は、平成27年4月22日以降「グルジア」から「ジョージア」へ変更しています。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 【協力実施前の様子】本協力のプロジェクトサイトであるトビリシ国際空港駐車場 

  • 【協力実施前の様子】トビリシ国際空港駐車場 

  • 【協力実施前の様子】トビリシ国際空港駐車場脇空地 

  • 【協力実施前の様子】トビリシ国際空港駐車場脇空地 

  • 【協力実施前の様子】トビリシ国際空港内部の様子 

  • 【協力実施前の様子】本協力のプロジェクトサイトであるイリア国立大学 

  • 【協力実施前の様子】イリア国立大学 

  • 【協力実施前の様子】イリア国立大学近くの建設中の校舎 

  • 【協力実施前の様子】イリア国立大学の内部(エントランスおよびキャンティーン)。 

  • 【協力実施前の様子】イリア国立大学の電気設備。受変電設備については本プロジェクトで更新する予定。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。