太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガボン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
事業
無償資金協力
供与額
6.7億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

豊かな森林を有することから「地球の片肺」と呼ばれるコンゴ盆地に位置するガボン。発電量のうち水力発電が半分近い割合を占めるものの、特に乾季には水量が不足し電力の供給に支障をきたしていました。同国政府は、2009年11月に総合的な環境政策「緑のガボン」を策定し、熱帯雨林の保全と太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの有効利用を目指しており、この協力では、首都に所在する外務省とオマールボンゴ大学に対して、太陽光発電システム関連機材の供与と運営維持管理に関する技術移転を実施しました。これにより、温室効果ガスの排出削減に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報