太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

国名
ガボン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
供与額
6.7億円

プロジェクト紹介

豊かな森林を有することから「地球の片肺」と呼ばれるコンゴ盆地に位置するガボン。発電量のうち水力発電が半分近い割合を占めるものの、特に乾季には水量が不足し電力の供給に支障をきたしていました。同国政府は、2009年11月に総合的な環境政策「緑のガボン」を策定し、熱帯雨林の保全と太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの有効利用を目指しており、この協力では、首都に所在する外務省とオマールボンゴ大学に対して、太陽光発電システム関連機材の供与と運営維持管理に関する技術移転を実施しました。これにより、温室効果ガスの排出削減に寄与しました。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • サイト地であるオマールボンゴ大学の学内(設置箇所周辺)。オマールボンゴ大学は政府官僚を多く輩出するガボンでも有数の大学である。 

  • 太陽電池(以下、PV)モジュールの設置箇所を撮影。学内はまとまった空き地の確保が困難なため、3つのエリアに分けて設置する。(写真3の協力実施前) 

  • 大学の3つのエリアにPVモジュールは572枚設置されている。(写真2の協力実施後) 

  • 設置されたPVモジュールの接続箱 

  • 屋内設備。10キロワットインバータで予備含め14台が設置されている。 

  • サイト地である外務国際協力省の外観(写真7の協力実施前) 

  • 外務省に設置された308枚のPVモジュール。(写真6の協力実施後) 

  • 外務国際協力省のPVモジュール設置箇所を撮影。敷地が限定されているため、施工には配慮が必要である。(写真9の協力実施前) 

  • 外務省に設置された308枚のPVモジュール。(写真8の協力実施後) 

  • 屋外設備。太陽光発電設備から発電された電力量などをリアルタイムで表示する表示板。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。