南部地下水淡水化計画

(The Project for Desalination of Groundwater in Southern Region)

【写真】プロジェクトの様子

国名
チュニジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年3月
事業
無償資金協力
供与額
10.23億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

チュニジア南部地域では地下水の塩分濃度が高いため、南部沿岸地域において4ヵ所の淡水化プラントを整備、都市上水における塩分濃度の低下が進められています。しかしながら、水消費量の増加、供給エリアの拡大などにより飲料水を十分に供給できない状況にあり、更に気候変動の影響で降水量の減少および沿岸地域での地下水塩水化の進行が予測され、飲料水の確保がより困難になることが懸念されていました。この協力では、メドニン県において、逆浸透膜方式による地下水脱塩化システムの整備を支援しました。これにより、同地域の飲料水の確保に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報