キンシャサ大学病院医療機材整備計画

国名
コンゴ民主共和国
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2010年6月
供与額
7.28億円

プロジェクト紹介

コンゴ民主共和国では、紛争の影響により、医療施設や医療従事者が質・量ともに不足しています。キンシャサ大学病院は、母子保健サービスを提供するトップリファラル病院で、医療従事者及び準医療従事者の研修を実施する国内医療機関の中核です。しかし必要な医療機材の多くが老朽化・故障しており、医療サービスの提供および研修の実施に支障をきたしています。日本は、キンシャサ大学病院に対し、新生児保育器やマンモグラフィ、X線診断装置などの医療機材の整備を支援しました。これにより、病院の技術レベル・実習の受入能力向上に寄与しました。

協力地域地図

キンシャサ大学病院医療機材整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • キンシャサ大学病院正面 

  • 協力実施前の様子:手術部の手術台。1987年に日本のODAにより供与されたもの。 

  • 協力実施前の様子:新生児科の保育器。1987年に日本のODAにより供与されたもの。 

  • 本協力で供与された断層撮影装置(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与された新生児保育器(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与された人口呼吸器(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与された手術関連機器(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与されたX線診断装置(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与された血液遠心機(写真提供:久野 真一) 

  • 本協力で供与された高圧蒸気滅菌器(写真提供:久野 真一) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。