小児呼吸器感染症の病因解析・疫学に基づく予防・制御に関する研究プロジェクト

The Project for Comprehensive Etiological and Epidemiological Study on Acute Respiratory Infections in Children

終了案件

国名
フィリピン
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2011年4月〜2017年3月

プロジェクト紹介

フィリピンなどの途上国では、肺炎をはじめとする重症呼吸器感染症が死亡原因の25~33パーセントを占め、世界中で毎年約200万人の小児が肺炎により死亡していると推計されています。しかし、ウイルス感染を含めた肺炎罹患の実態は、未だに解明されていません。この協力では、フィリピン研究機関との共同研究を通じ、小児肺炎の病因・疾病負担・リスク要因を明らかにし、有効な介入を検討することを目的とした支援を実施しました。これにより、小児肺炎対策の改善に寄与しました。

協力地域地図

小児呼吸器感染症の病因解析・疫学に基づく予防・制御に関する研究プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カウンターパートである熱帯医学研究所(以下、RITM) 

  • RITM内でのラボラトリー定期会議 

  • JICA・東北大学・RITMの代表者による定期会議 

  • RITMの年次リサーチフォーラムにおいて研究成果を発表 

  • 雇用看護師に対する実地トレーニング 

  • プロジェクトに参加している大学院生とのフィールド調査 

  • ビリランの地域開発局長とのディスカッション 

  • ビリラン州立病院のラボで検体を検査する様子(写真提供:谷本美加) 

  • 家庭訪問で集めたデータを整理する看護師と活動をモニタリングする玉記専門家(写真提供:谷本美加) 

  • 小児呼吸器感染症の実態調査を実施しているコミュニティ・カイビランの様子(写真提供:谷本美加) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。