法律人材育成強化プロジェクト

Project for Human Resource Development in the Legal Sector

終了案件

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2010年7月〜2014年7月

プロジェクト紹介

ラオスでは、経済開放化、市場経済化を柱とした改革を実施しています。市場経済化を促進するため、法整備が進められていますが、市場経済化のために必要となる基礎法は十分に整備されておらず、存在する法律も体系化されていませんでした。日本はこれまで、法務・司法関連職員の教材や執務マニュアルの作成にかかる協力を行いました。この協力では、同国の法務・司法関係機関や法学教育・研修機関が組織横断的に課題の分析や共同作業を行うことを通じて、法理論や実務上の課題を発見・分析する能力を向上させ、法学教育や実務研修、法律実務を改善するための支援を行いました。

協力地域地図

法律人材育成強化プロジェクトの協力地域の地図

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • 2011年度民事訴訟法現地セミナー:プロジェクト活動の一環で作成するモデル教材のコンセプトについてグループディスカッション結果を発表 

  • プロジェクトの進捗・成果・課題について報告する合同調整委員会(Joint Coordination Committee)の様子(各サブワーキンググループメンバーのリーダー等) 

  • プロジェクトの進捗・成果・課題について報告する合同調整委員会(Joint Coordination Committee)の様子 

  • プロジェクトへの貢献度が高いメンバーへの表彰 

  • モデル教材のコンセプトについてワークショップを実施している様子(左上・石岡修専門家) 

  • モデル教材のコンセプトについてワークショップを実施している様子 

  • 運営指導調査:ラオス側との協議風景 

  • 現地セミナー:講義(加藤教授) 

  • 本邦研修:講義風景(ラオス研修員) 

  • 本邦研修:講義風景 

関連情報