母子保健人材開発プロジェクト

Project for Sustainable Development of Human Resource for Health to Improve Maternal, Neonatal and Child Health Services

国名
ラオス
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2012年2月〜2016年2月

プロジェクト紹介

妊産婦死亡率と5歳未満児死亡率が依然として東南アジア地域の中で最も高いラオス。その要因のひとつには、専門的な助産知識を持つ熟練助産師の不足が挙げられます。日本は先行プロジェクトで、看護・助産の人材開発の基盤構築を支援してきましたが、この協力では、看護教育の基準となるシステムの開発・制度化など、保健人材育成システムの強化を支援しました。これにより、母子保健分野における均質で質の高いサービスの提供と、質の高い保健人材の育成に寄与しました。

協力地域地図

母子保健人材開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 保健省におけるRD(合意議事録)署名式。ラオス事務所長及びラオス国保健省官房長との間で署名が交わされた。 

  • プロジェクトが対象としている保健科学短期大学の生徒たち。(チャンパサック保健科学短期大学にて)本プロジェクトは3カ所の保健科学短期大学及び5カ所の保健学校を対象としている。 

  • チャンパサック保健科学短期大学の外観 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。