職業衛生能力強化プロジェクト

Project on Capacity Building for Occupational Health

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
技術協力
課題
社会保障
協力期間
2011年3月〜2016年3月

プロジェクト紹介

高い経済成長率を維持する中国では、近年、職業病の多発が大きな社会問題となっています。特に劣悪な環境での労働に従事している出稼ぎ労働者の、塵肺や有機溶剤中毒の集団発症は深刻です。この協力では、中央行政機関および関連技術機関の職業病対策に関わる監督管理、技術サービス、情報収集・分析水準の向上、企業や労働者の労働衛生意識と管理能力の改善を支援しました。これにより、モデル地区(蘇州市)における職業病に対する作業環境管理・健康管理の強化に寄与しました。

協力地域地図

職業衛生能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • JICA専門家による生物学的モニタリングの講義(2011年9月) 

  • モデルサイト(候補地)での企業訪問・職業衛生状況視察(2011年9月) 

  • モデルサイト(候補地)での調査・意見交換(2011年9月) 

  • 本邦研修で作業環境測定について学ぶ研修員(2011年10月) 

  • 本邦研修参加者による現地での伝達研修(2011年11月) 

  • プロジェクトのキックオフ式(2011年11月) 

  • JICA専門家によるじん肺・石綿健康管理の講義(2012年3月) 

  • JICA専門家による衛生管理者制度に関する講義(2012年3月) 

  • 北京市の作業環境測定機関を視察(2012年3月) 

  • JICA専門家による有機溶剤健康管理の講義(2012年4月) 

関連情報