母性保護サービス強化プロジェクトフェーズ2

(Safe Motherhood Promotion Project(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年7月〜2016年6月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、妊産婦死亡率と新生児死亡率の改善のため、特に最貧困層における母子保健サービスの普及が求められています。フェーズ1では、ノルシンディ県を対象に、住民への啓発活動・組織化活動および出産準備促進活動、保健医療施設の改善活動などを実施し、同国政府から「ノルシンディ・モデル」として高い評価を受けました。この協力(フェーズ2)では、その成果を全国へ普及展開するための方策作りを支援しました。これにより、同国における母子の健康状態の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報