顧みられない熱帯病対策−特にカラ・アザールの診断体制の確立とベクター対策研究プロジェクト

(Project for Research and Development of Prevention and Diagnosis for Neglected Tropical Diseases, especially Kala-Azar)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年6月〜2016年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、サシチョウバエを媒介昆虫とする内臓型リーシュマニア症(カラ・アザール)の発症者が年間5万人以上に達すると推定されています。この疾病は致死性が高い上に根治が難しく、疾患の診断・治療・予防対策が遅れているため「顧みられない熱帯病」と呼ばれています。この協力では、カラ・アザールとその合併症の実態の解明、実施可能性の高い迅速診断法の開発、媒介昆虫の同定・分布調査に関する研究を支援するとともに、バングラデシュ側研究機関の能力強化を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報