廃棄物処分場における地域特性を活かした汚染防止と修復技術の構築プロジェクト

(The project for development of pollution control and environmental restoration technologies of waste landfill sites taking into account geographical characteristics in Sri Lanka.)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スリランカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年4月〜2016年3月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

スリランカでは、生活廃棄物の排出量が増加し、適切に処分されない廃棄物が水質汚濁や悪臭などの環境劣化を招いていました。日本は過去の技術協力により、廃棄物管理体制の構築を支援してきました。しかし、これまで廃棄物処分場の環境改善にかかわる技術的方策の開発は着手されていませんでした。この協力では、ペラデニヤ大学を中心とした研究グループによる、廃棄物処分場における汚染防止と修復技術に関する研究開発能力の強化を支援しました。これにより、同国の持続可能な廃棄物管理に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報