稲作振興支援プロジェクト

Rice-based Agriculture Development in Afghanistan

実施中案件

国名
アフガニスタン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2011年5月〜2020年5月

プロジェクト紹介

アフガニスタンの第二の主要穀物であるコメは、同国の消費需要量を満たしておらず、周辺国からの輸入に頼っています。人口増加から推定されるコメの供給不足は、今後ますます拡大すると予想されます。この協力は2011年まで実施された「ナンガルハール稲作農業改善プロジェクト(RIP)」の成果を発展・拡大させるものです。他の主要稲作地域に対象地域を広げ、各地域の自然社会条件や市場ニーズに即した米栽培技術の開発を行うとともに、研究と普及の連携体制の下で、改良稲作技術の全国普及モデルを確立します。

協力地域地図

稲作振興支援プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。