ボゴタ首都特別区廃棄物総合管理基本計画プロジェクト

Master Plan Study for Integrated Solid Waste Management in Bogota D.C.

国名
コロンビア
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2012年3月〜2013年11月

プロジェクト紹介

コロンビアのボゴタ首都特別区では、2006年に「ボゴタ首都特別区廃棄物総合管理基本計画」(PMIRS)を策定し、廃棄物の排出量減少や再利用・活用促進、廃棄物収集業者の労働条件改善、収集・清掃サービス改善などを行ってきました。しかし、急速な都市化の影響やライフスタイルの変更などから廃棄物排出量が増加傾向にあり、PMIRSの見直しが必要な状況です。この協力では、持続可能な総合的廃棄物管理体制の確立に向けたマスタープランの策定などを支援します。これにより、効率的・効果的な廃棄物処理の推進を目指します。

協力地域地図

ボゴタ首都特別区廃棄物総合管理基本計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ハベリアナ大学における3R(Reduce:廃棄物発生抑制、Reuse:再使用、Recycle:再資源化)ワークショップ 

  • カウンターパートとリサイクルショップの視察 

  • ごみ収集(分別収集地区) 

  • ごみ分別施設(アルケリア) 

  • ボゴタの町並み 

  • 街中の有価物回収人 

  • 街路清掃 

  • チリでの第三国研修 

  • 菰野町リサイクルセンター(三重県)での研修 

  • 三重中央開発リサイクルセンター(三重県)での研修 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。