スエズ運河戦略強化プロジェクト

The Project on Enhancement of Competitive Strategy for Suez Canal

終了案件

国名
エジプト
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2012年3月〜2015年2月

プロジェクト紹介

エジプトのスエズ運河は、近年の船舶の大型化、新規航路開拓などの世界の海運の状況の変化に対応するため、同運河を管理するスエズ運河庁の能力・体制強化が喫緊の課題となっています。この協力では、同庁に対し、スエズ運河を取り巻く海運経済・運輸交通を分析し、海運交通の需要モデルの開発や将来の開発計画の策定、さらには同庁のリサーチセンターの研究能力や体制の強化を図りました。これにより、世界の海運マーケットに適応可能な同庁の運用体制・能力が確立されました。

協力地域地図

スエズ運河戦略強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトメンバー集合写真(第3次現地調査終了後) 

  • スエズ運河庁エコノミックユニットと協議 

  • ワークショップ(経済分析・マーケット)を実施 

  • ワークショップ(国際海運)を実施 

  • ワークショップ(需要予測)を実施 

  • ワークショップ(需要予測)を実施 

  • 現地合同セミナーにて「国際海運を巡る環境について」講義する舘野短期専門家 

  • 本邦研修(港湾経済研修)にて需要予測モデルについて講義する柴崎短期専門家 

  • 共同現地調査にてパナマ運河庁と協議 

  • 共同現地調査にてパナマ運河アトランティック建設現場を視察 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。