農産物残留農薬検査体制・能力強化支援プロジェクト

(The Project for Strengthening of Agricultural Pesticide Residue Analysis System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エチオピア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年11月〜2016年11月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

エチオピアでは、2008年に主要輸出品であるコーヒーから残留農薬が検出され、日本向け輸出の激減を招き、経済状況に負の影響を与えました。これにより、食品の安全管理の重要性が認識され、農業省内に残留農薬検査所が新設されましたが、同検査所には微分量分析の経験者がほとんどいないため、十分な検査ができていない状況でした。この協力では、同検査所の残留農薬検査機能の強化を支援しました。これにより、農産物の品質管理の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報