洪水に脆弱な地域における効果的な洪水管理のための能力開発プロジェクト

(Capacity Development for Effective Flood Management in Flood Prone Area)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年7月〜2014年6月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ケニアでは流域面積の大きな河川が多く、雨季には全国で洪水が発生するため、年平均5,000人の被災者が出ており、約1.6億円の経済損失が発生していました。効果的な水資源管理のために、水資源管理庁(WRMA)が設置され、コミュニティによって組織される水資源利用者組合の創立・活動を支援し、地域レベルでの洪水管理を含む水資源管理の実施を目指していました。この協力では、WRMAの洪水管理能力と実施体制の向上を支援しました。これにより、コミュニティによる洪水管理の一層の普及を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報