コミュニティヘルス戦略強化プロジェクト

Project for Strengthening Community Health Strategy

終了案件

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2011年10月〜2014年9月

プロジェクト紹介

ケニアでは、2006年よりコミュニティが予防行動および基礎的な保健サービス提供を通して自らの健康を改善していけるような仕組みづくりを目的としたコミュニティヘルス戦略(CHS)の普及を進めていました。しかしながら、人材不足や予算不足、行政のマネジメント能力不足など数多くの課題を抱えていました。この協力では、ケニア公衆衛生省の能力強化を通じて、実証に基づいたCHS実施サイクルの強化を支援しました。これにより、公衆衛生省の持つ政策立案機能、実施状況のモニタリング機能などを向上させることで、CHSの普及促進に寄与しました。

協力地域地図

コミュニティヘルス戦略強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクト開始時における公衆衛生省事務次官(後列右から2人目)への表敬訪問。 

  • プロジェクトオリエンテーションワークショップ。プロジェクト開始時に関係者を招きプロジェクトの理解促進とチームビルディング醸成のために実施。同時にキャパシティアセスメントも実施した。 

  • 歌と踊りで出迎えるコミュニティへルスワーカーたち。 

  • コミュニティで活動する男性の保健サポーター。主にHIV/エイズや性感染症に対して地域住民への啓蒙活動や予防法の紹介を実施している。 

  • ケニアのコミュニティへルスワーカーや村人にとって歌や踊りは生活の一部、保健啓発メッセージも歌や踊りにして村人に伝えることができる。 

  • コミュニティへルスワーカーによるロールプレイ。コミュニティへルスワーカーが妊婦を家庭訪問している様子。 

  • コミュニティへルスコミッティのための研修用マニュアル教材完成発表会。公衆衛生省長官(右)とJICAケニア事務所の保健分野担当職員(左)。 

  • 第1回合同調整委員会。公衆衛生省とJICA側によってプロジェクトの進捗状況報告と今後の課題・方針などが議論され共有・承認された。 

  • コミュニティへルスワーカー研修用マニュアル教材作成ワークショップにおいてのグループワークの様子。 

  • オペレ−ションズリサーチに係るワークショップで講義を行うプロジェクト専門家。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。