地方自治体研修能力強化プロジェクトフェーズ2

Project for Capacity Development for Local Government Training Phase 2

国名
タンザニア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2011年7月〜2015年7月

プロジェクト紹介

地方分権改革を推進しているタンザニア。改革から10年以上が経過し、制度面での進展があるものの、分権の受け皿となる地方自治体職員の質と数の不足という点で未だ課題を抱えていました。この協力(フェーズ2)では、フェーズ1で新たに中核となる研修機関として任命された地方自治研修所を対象に、地方自治体研修の品質管理および関係者間の調整能力の強化、研修コースの改訂や新規研修コースの開発を行う能力強化を支援しました。これにより、全国にある地方自治体への研修が効果的に提供される仕組みづくりに貢献しました。

協力地域地図

地方自治体研修能力強化プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 地方自治研修所の建物群。 

  • プロジェクトオフィスが設置されている地方自治研修所の玄関。地方自治研修所は、全国133の地方自治体の研修の質の管理と調整を行う機関としての役割だけでなく、約1,000人規模の学生を収容し、地方行政管理を教える専門学校としての機能もある。 

  • 地方自治体に研修を提供できる認定を持った教育機関との打ち合わせ。教育機関との連絡調整、質の確保の方法などについて、プロジェクトを通じて技術移転している。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。