ザンジバル水公社経営基盤整備プロジェクトフェーズ2

(Project for Enhancement of Water Supply Management of Zanzibar Water Supply Authority Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年11月〜2015年10月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

タンザニアのザンジバル最大の島ウングジャ島では、財政難によって老朽化した送配水管設備が改修されず、給水量が不足し、時間給水や断水が日常化していました。日本は2008〜2010年の協力(フェーズ1)でザンジバル水公社(ZAWA)の経営基盤の整備を支援し、水道料金徴収体制を確立しました。この協力(フェーズ2)では、ZAWAの無収水対策に関する実施能力とさらなる料金徴収率の向上を支援しました。これにより、ZAWAの財務状況が改善され、安定した水道サービスの提供に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報