電力供給設備維持管理のための能力向上プロジェクト

(The Project for Capacity Development for Maintaining Power Supply Facilities)

【写真】プロジェクトの様子

国名
シエラレオネ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年3月〜2019年5月
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

シエラレオネでは、2002年に11年間続いた内戦が終了して以来、戦後復興からの成長に伴い首都フリータウンを中心に電力需要が拡大しています。しかし一方で、その維持管理を担う国家電力公社(NPA)は、慢性的な赤字を抱えて十分な維持管理費用が手当できておらず、また適切に運転・維持管理ができる技術者も不足していました。この協力では、NPAの電力設備全体の維持管理計画策定・実施に係る技術的能力の強化と、その技術者に対し教育支援を行っています。これにより、NPAの電力設備の運用保守能力を高め、同国の電力供給サービスの向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子