地すべり対策プロジェクト

(The Project for Landslide Managemant)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モーリシャス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年4月〜2015年4月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

モーリシャスは小さな火山島で、急な傾斜が多いため地すべりの危険性が極めて高くなっています。一方、人口の増加や都市の拡大に伴い傾斜地の家屋・住民が増加し、各地で地すべりによる深刻な被害が発生していました。同国政府も、警報発令のため地すべりのモニタリングを行うなど対応を図っていましたが、人員不足のため限定的な対策にとどまっていました。この協力では、地すべり管理計画の策定やフィージビリティ調査の実施などを支援しました。これにより、地すべりおよびその他斜面災害のリスク軽減や周辺住民の安全の確保に貢献しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報