劣化土壌地域における土地劣化抑制・有効利用促進のための能力向上プロジェクト

(Project of Capacity Building for the Restoration and the Promotion of Effective Use of Degraded Soil in the Areas of Soil Degradation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
セネガル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年3月〜2017年3月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

セネガルの地方村落では、塩害や酸性硫酸塩土壌の拡大などが進み、耕作地や林地の減少、単位面積あたりの収穫量の減少といった問題が深刻化していました。これまでも土壌劣化に対する取り組みが実施されましたが、土地の再劣化や、活動や技術が他村落へ波及しないことが課題となっていました。この協力では、同国の環境・自然保護省や水・森林・狩猟および土壌保全局などの職員に対して、土地劣化抑制・有効利用促進のために必要な能力(土壌劣化を防ぐ技術に加え、その技術を他の村落などに普及する技術を含む)の向上を支援しました。これにより、土壌劣化の進む地域における自然資源の適切な管理活動の実施に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子