国立水産学校能力強化プロジェクト

(Project for Capacity Development of the National School of Fisheries)

【写真】プロジェクトの様子

国名
コモロ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年3月〜2014年10月
事業
技術協力
課題
水産

プロジェクトの紹介

アフリカ南東部の沖合に位置する島国であるコモロ。火山性の小島嶼国であり、水産業が沿岸住民の主要な生計手段となっています。1985年に日本の無償資金協力により漁業訓練センター(現・国立水産学校)が設立されましたが、内戦の約10年間訓練が中断され、2009年の再開後は教材の不足や訓練カリキュラムの未整備など、学校運営に問題を抱えていました。この協力では、同校の人材育成能力の向上を支援しました。これにより、水産従事者の操業の安全と生計向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子