一村一品アプローチによる小規模ビジネス振興を通じたイシククリ州コミュニティ活性化プロジェクト

(Community Empowerment Project through Small Business Promotion by One Village One Product(OVOP)Approach in Issyk-Kul region)

【写真】プロジェクトの様子

国名
キルギス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年1月〜2017年1月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

キルギスは、中央アジアの中で市場経済化が進んでいます。しかし、生産や流通を共同作業で効率的に行うための農民組織がほとんどないなど、村・コミュニティレベルの地域経済活動は進展していませんでした。日本は過去の協力で、イシククリ州のモデル村に一村一品(OVOP)運動を核としたコミュニティ組織の活性化を支援してきましたが、この協力では、この成果をモデル村以外の州全体に普及させるため、OVOPアプローチに基づいた小規模ビジネス振興モデルの構築を支援しました。これにより、同州におけるコミュニティビジネスの普及に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報