持続的食糧生産のためのコムギ育種素材開発プロジェクト

(The Project for the Development of Wheat Breeding Materials for Sustainable Food Production)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2011年4月〜2016年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

アフガニスタンでは、主食である小麦は最も重要な作物ですが、干ばつなど自然条件に左右され低収量に留まり、供給不足となっています。国家目標にも挙げられている小麦の増産を達成するためには、同国の気候風土に適した高収量品種の開発が必要です。この協力では、日本の科学技術・研究ノウハウを生かして、小麦の品種改良に必要な育種システムの開発を支援します。これにより、小麦の生産量の向上を図り、持続可能な食糧生産と農民の生活向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報