エンブ市及び周辺地域給水システム改善計画

The Project for Improvement of the Water Supply System in Embu and the Surrounding Area

国名
ケニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2010年7月
供与額
25.6億円

プロジェクト紹介

ケニアでは、国民の一人当たりの水資源量が水不足の判断基準値を下回っており、国内水資源の開発が急務となっています。中でも、エンブ市および周辺地域では、原水の不足に加えて、浄水施設の能力不足や配水管網の未整備、40年以上前に建設された配水管網の老朽化などで、給水率は約40パーセントに過ぎず、しかも地方からの人口流入により水需要の拡大も見込まれています。日本は、エンブ市および周辺地域で取水施設の改修、送水管・配水管の敷設、浄水場・配水池の建設と、必要な機材の供与を支援し、住民への安全な水の供給に寄与しました。

協力地域地図

エンブ市及び周辺地域給水システム改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前のムカング浄水場建設用地 

  • この協力で整備されたムカング浄水場全景(写真1の瑕疵検査時) 

  • ムカング浄水場の高架水槽 

  • ムカング浄水場のクロライン撹拌槽(瑕疵検査時) 

  • 着水井流量計(瑕疵検査時) 

  • 協力実施前のカンガル配水池建設用地 

  • 協力実施前のカンガル配水池建設用地 

  • この協力で整備されたカンガル配水池全景(写真6の瑕疵検査時) 

  • カンガル配水池のフロートバルブピット(写真7の瑕疵検査時) 

  • Kuritiri地区での新規給水管布設地区の水販売キオスク(瑕疵検査時) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。