中央ウガンダ地域医療施設改善計画

(The Project for the Rehabilitation of Hospitals and Supply of Medical Equipment in the Central Region in Uganda)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウガンダ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2010年6月
事業
無償資金協力
供与額
17.41億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

東部アフリカ地域の周辺国と同様、保健医療サービスの状況が世界で最も劣悪なレベルであるウガンダ。マラリア、結核、麻疹、HIV/AIDSなどの感染症が蔓延し、エボラ出血熱も発生しています。近年の同国政府の努力の結果、医療施設へのアクセス率が大幅に改善するなど、一定の成果も現れていますが、地方部の中核病院では、施設の老朽化や医療機材の不足が顕著で、住民は十分な医療サービスを受けられていません。この協力では、ウガンダ中央地域のマサカ県とムベンデ県の中核病院の施設・機材整備を行って、地域医療レファラル体制の整備を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報