感染症病院建設計画

(The Project for Construction of Hospital for Communicable Disease)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アフガニスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2011年2月
事業
無償資金協力
供与額
26.43億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

アフガニスタンでは、内戦の影響を受け、保健・医療環境が極めて脆弱で、結核、HIV・エイズ、マラリアなどの感染症対策は急務となっていました。しかしながら、感染症の重症患者を隔離治療するための入院施設がありませんでした。この協力では、国家結核対策施設(カブール市)内での感染症病院の入院病棟の建設、医療関連機材の整備を支援しました。これにより、結核患者約100名の入院が可能となり、隔離治療が可能となるとともに、HIV・エイズおよびマラリアの外来患者に対する診断・治療が可能となるなど、保健・医療サービスの向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報